折輝真透 『それ以上でも、それ以下でもない』 (早川書房)

それ以上でも、それ以下でもない

それ以上でも、それ以下でもない

  • 作者:折輝 真透
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2019/11/20
  • メディア: 単行本

これが自分の導いてきたサン=トルワンの姿か?

そんなわけがない。

私はどこで間違えたんだ?

1944年.ドイツ占領下にあるフランスの小さな村,サン=トルワンで,墓守の家に匿われていたレジスタンスの青年が何者かに殺された.村人の混乱を恐れたステファン神父は,ナチスに襲われた村に死体を捨てることで殺人の隠蔽をはかる.それから間もなく,村にSSが現れる.

戦争がもたらす混乱から村を守ろうとした神父の孤独な葛藤と,その末にもたらされた悲劇.第9回アガサ・クリスティー賞受賞作.第4回ジャンプホラー小説大賞金賞受賞作「マーチング・ウィズ・ゾンビーズ」とのW受賞デビュー作.「マーチング~」と同様の落ち着いた文体から,どうやっても振り払えそうもない,粘り着くような絶望感と空虚感を静かに描いてゆく.文体もだけど,キャラクターの個性づけもどことなく翻訳小説っぽさが強い気がする.

村にSSが現れたあたりがピークになるのかと思っていたら,本当の絶望はそのあとに来るという.戦争で壊れてしまった小さな村で,人々が復讐と私刑に走る様も,ナチスに燃やされることのなかったパリを燃やしたのは同胞だった,という皮肉も悲しい.登場人物たちの名前の見分けがつきにくく,巻頭の人物一覧と行ったり来たりしながら読んだのだけど,選評でも同じことを言われていたのでちょっと安心した(安心することではない).重くて辛い小説ではあるけれど,とても良いものでした.



kanadai.hatenablog.jp

こまつれい 『101メートル離れた恋』 (講談社ラノベ文庫)

101メートル離れた恋 (講談社ラノベ文庫)

101メートル離れた恋 (講談社ラノベ文庫)

――私は、私の存在を、あなたに許してほしかった。

男子高校生の浅田ユヅキが目を覚ますと,女の子の姿をした人形の中にいた.天才人形師,朝霧キョウコが作り出した世界最高クラスの美少女オートマタ,セブンスとして,あらゆるサービスに従事することになったユヅキは,元の世界に戻るあてもなく徐々に消耗していった.そんなある日のこと,依頼先で引きこもりの少女,イチコと出会う.

目覚めたらそこは魔法の世界で,俺は美少女オートマタになっていた.第8回講談社ラノベ文庫新人賞大賞受賞作.人権を持たないオートマタは,人間からありとあらゆる行為を要求される.ふわっとした「魔法の国」という言葉と,ドタバタした印象の世界はあっという間にひっくり返り,別の倫理観を持つだけの,元の世界とそっくりな世界であることが明らかになる.序盤は特に「JKハルは異世界で娼婦になった」の変奏のような印象で,百合SFというよりはジェンダーフリーSFとか,肉体と精神の関係の話なのかな……,と思って読んでいたらラストで目から鱗が落ちた.「SF」をこう使うのか,と.なるほど,これは「百合」で「SF」だ.

単なるテーマだけでなく,一人称が「俺」から「私」に変わるところや,「男らしさ」,「女らしさ」の所作も,できる限り丁寧に描こうとしているのは見て取れる.あらすじが公開されてから「これは百合ではない」とツッコミを受けていたのは見てたのだけど,ツッコミを入れていた人々を置き去りにして,一歩だけ未来に進んだ物語になっていた,と思う(宣伝の仕方が悪いともいえる).予想をはるかに上回る.良かったです.

根本聡一郎 『宇宙船の落ちた町』 (ハルキ文庫)

宇宙船の落ちた町 (ハルキ文庫)

「三万円で手に入る科学的に正しい情報は、無料で手に入る感情的にほどよいデマに叶わなかったんだね。この国で科学を信じてる人って、あんまり多くないから」

何もない田舎町,宇多莉町で生まれ育った青砥佑太は,14歳の夏,巨大な宇宙船の墜落を目の前で目撃する.それから10年.宇宙船に乗っていた九百二人のフーバー星人が地域社会に溶け込みつつある一方,避難区域となった宇多莉町から近隣の大都市・舞楼市に移り住んだ佑太は,フリーターとして無気力な日々を送っていた.

宇宙人と地球人,多数派と少数派,共生と差別,都会と田舎,被災地とそれ以外.現代の日本で起こっているリアルな分断と,サブタイトルをつけるなら「押しかけ女房はアイドルで宇宙人!?」みたいなストーリーが,不思議なレベルで入り混じっている.シンプルなんだけどハイコンテクスト,そして描かれるものはどがつくストレートで,読後感はなかなか複雑.

国民的アイドルで宇宙人でもあるヒロイン・常盤木りさの存在が重くなりそうな話を救っていたのだと思う.いやみがなくちゃんとかわいいし,いるだけで融和の象徴としての存在感があり,読みやすさまで付与してくれる.結果として,楽観的というか希望的観測にあふれた小説になっている印象はあるのだけど,現状を見て楽観的にならなきゃやってられるか,みたいな気持ちはよくわかるのよね.「コメリ」や「東スポ」はともかく,「自民党」と「民主党」まで実名で書くのは作者の矜持が感じられた.良かったです.

松村涼哉 『僕が僕をやめる日』 (メディアワークス文庫)

僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫)

僕が僕をやめる日 (メディアワークス文庫)

どうしてだよ、と立井は呟いた。

悪くなかったじゃないか、この二年間。お前が何を考えていたのかは分からねぇけど、嫌な事ばかりじゃなかっただろう。

なんでだよ、高木。どうしてお前は――。

「死ぬくらいなら――僕の分身にならない?」.生きることに絶望し,自死を選ぼうとした立井潤貴の目の前に,高木健介という同世代の青年が現れる.それ以降,立井は表では大学生の〈高木健介〉として,高木の所有するマンションで同居生活を送ることになる.そんな日々が二年間続いたある日.とある殺人事件と前後して,「高木」が何の前触れもなく失踪する.

自分が入れ替わった〈高木健介〉とは何者なのか.二年間を共に過ごした恩人である「高木」の行方を探す立井は,〈高木健介〉が経験してきた壮絶な過去を追う.少しずつ輪郭が明らかになる〈高木健介〉の人生.やがて高木がやろうとしていること,そして高木が立井を選んだ理由にたどり着く.

家族の離散と生活保護,無戸籍児,特殊学級,「施設」.誰にも見つけてもらえなかった弱者たちの,魂の救済の物語.『15歳のテロリスト』でやりたかったであろうことを昇華し,己のものとして見事に描ききった,という印象を受けた.誰も見てくれないけれど僕たちはここにいる,僕の魂はここにある.「語れば語るほど嘘っぽくなる」ことを自覚しながら,それでも書かずにいられなかったという言葉の説得力に胸が苦しくなった.この感情をなんと呼べばいいのかわからない.デビュー以来の最高傑作だと思うし,個人的に今年のベストだと思う.社会派ミステリの大傑作でした.

気づけるわけがない。僕たちの窮状に。

混ざり合い、溶け合い、見えないのだ。僕たちの存在なんて。

だけど、それでも見つけてほしい――僕たちを忘れないでほしい――。

心が折れかけた日は、祈って、そして、縋ってしまう。

誰か、どうか僕たちを救ってください――。



kanadai.hatenablog.jp

柴田勝家 『ワールド・インシュランス 02』 (星海社FICTIONS)

ワールド・インシュランス 02 (星海社FICTIONS)

ワールド・インシュランス 02 (星海社FICTIONS)

「なら聞くが、彼女は一体何を盗んだんだ?」

その問いかけに、ビッグマックがぴたりと動きを止める。大きな体を窮屈そうに長椅子に収めながら、彼は指を組んで悩む素振りをみせた。そうしてカインが何も言わずに待っていると、やがて意を決したのか、静かに口を開いた。

「七十八人分の人生、だ」

スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー対ディナモ・ブカレスト戦の最中.ロイズの保険引受人(アンダーライター)カインは,スタジアムでテロ未遂犯のルーマニア人女性クリスを取り押さえる.ルーマニアからの不法移民であるクリスは,母国の福祉制度を崩壊させかねないある情報を持ち出していた.

画期的な年金制度の導入によりヨーロッパ有数の福祉国家となったルーマニア.しかしその裏には,数十年前に崩壊したチャウシェスク独裁政権の闇があった.英国ロイズの日本人アンダーライターを主人公にした「近未来保険アクション」の第二巻.むちゃくちゃ面白かった.吸血鬼の国が生み出した,国民すべての生体データを活用した年金制度.公開されることでそれを崩壊させかねない七十八人の生体データ.国から追われ,地下に隠れて暮らす“チャウシェスクの子供たち”と,彼らと共に暮らす元秘密警察.古い社会と新しい世界の間で翻弄される人々の戸惑い.すべての要素が刺さってくる…….あとがきで触れているように,社会科学,人文科学の方面から描いたSFの秀作だと思う.

「吸血鬼」を自称する不思議な女性クリスとの,ロマンスとも言えないロマンスと,ブカレストの街を走り回るカーアクションは劇場版ルパンのような雰囲気がある.読んでいてビジュアルが目に浮かんだ.重い雰囲気が漂うけれど,エンターテインメントとしても一流だと思う.良かったです.