日日日 『アンダカの怪造学III デンジャラス・アイ』 (スニーカー文庫)

伊依と対になる幼馴染キャラ登場.まったく正反対の二人という構図が面白い.二人の対比を描きつつ各章でちょっとずつ盛り上げて,さらに章の合間のモノローグでじわじわとネタを明かしていって,クライマックスに「バーン!」と.きちんと話を積み上げることで「成長」を描いていてすごく好感が持てる.これもしっかりとした構成の為せる技,オーソドックスなんだけど安定している.
出てくるキャラクターすべてに「裏」があり,それを前面に押し出したつくりになっているのが却って安っぽく見える(悪い意味ではなく)のがちょっと気になったかな.ほかのシリーズでもそうなんだけど,この人の作品を読むと期待と同じくらいに不安が湧きあがってくるのは私だけなのかな.「この先きちんと話がまとまるのか」って不安.大きなお世話か.
まあしかし私は日日日のテキストに燃(萌)えるひとなのでカラーイラストラストページの4行だけでも買った甲斐はあったのですよ.