黒史郎 『ボギー 怪異考察士の憶測』 (二見ホラー×ミステリ文庫)

また、あの夢を見る予感がする。鼻の奥で鉄の臭いがするのだ。発作かもしれない。どちらにしても悪い兆しだ。再び、あの夢を見だしたら、また徒に背が伸び続けるのか。冗談ではない。そんなことになれば、いずれ私の背は、あの忌まわしい月に届いてしまう。



余命約半年を宣告されたホラー小説家、桐島霧。作家としての限界と、「祟り」が原因でまったく書くことのできなくなった彼に、著名な怪異サイト「ボギールーム」の管理人からメールが届く。あえて問いたい。祟りはあるのか。ここに記すのは、怪異考察士となった桐島霧の自身に降り掛かった「祟り」に関するメモであり、考察である。

お叱りを受ける覚悟で書くが、これは小説ではない。



余命宣告を受けたホラー作家が、子供の頃に経験した謎を追う。昭和50年代の新聞や雑誌、インタビューといった虚々実々の資料や、数十年ぶりに帰った故郷での取材から、ひとだま、火車、ろくろ首といった怪異を考察し、奇妙な風習に隠された「祟り」のシステムを解き明かしてゆく。一言でいうと変則的な実話怪談、なんだけど、物語のリアリティラインが面白いくらいぐわんぐわんと揺れ動く。ホラーのプロだからこそ書ける、博覧強記のぶっ飛んだホラーだと思う。ちょう楽しかったです。


全部が繋がっているのだと思った。世界中のあらゆる国で信仰され、忌まれ、怖れられているもの。それらは名前や伝わり方、受け容れる人々の宗教観・死生観が違っているだけで、みんな同じものを信じ、同じものを敬い尊び、同じものを忌み嫌って、怖がっているんだ。

かじいたかし 『僕の妹は漢字が読める4』 (HJ文庫)

男たちの話は、聞くに堪えなかった。

文化特区は嫌なところだと実感する。

保守的で、排他的で、凝り固まった頭の人間ばっかりだ。

ギンとクロハの前に、喋るパンティストッキングが現れる。自分が小説に書いたキャラクターが現実になったと喜ぶギン。夏休みが始まろうとしていた。

未来と言語と創作と妹をめぐる物語、第四巻。38世紀人から23世紀への干渉! 2012年5月初版発行ということもあって、ポリティカルなところとか技術的・風俗的な表現(今だったら間違いなくVtuberだろうなあ)とか、すでに古めかしく感じる部分も多い。まあ、そのへんは時代性であり、現実のほうが早く進んでいるということなのだろう。引用した部分をはじめとして、変わらないものもあって変な声が出る。読むまで間が空いたのが申し訳ないのだけど、なんとなく思い出しながらで楽しかった。

田中哲弥 『オイモはときどきいなくなる』 (福音館書店)

田んぼをぬけて、うら山につづくアスファルトの坂道をのぼってくと、道の両がわでずっとぽちぽちぽちぽち音がしてる。

木の葉っぱから水が落ちて、ぽちぽちぽちぽち雨がふってるように聞こえる

晴れてるのに雨がふると「キツネの嫁入り」なんていうけど、雨の音は聞こえるのに雨はふってないっていうのは、なんていうんだろうなあ。

「タヌキの土俵入り」とかかな。

小学生のモモヨと犬のオイモの春、夏、秋、冬を描いた童話。小学生の女の子の視点からの生き生きとした語りには想像の余地が多く、大人にとっては懐かしい田舎の空気と同時にを感じられるものが多いはず。線と色合いの淡い挿絵がまさにぴったり。色んなひとに読んでほしい童話でした。

逆井卓馬 『豚のレバーは加熱しろ(5回目)』 (電撃文庫)

「生きるのはとてもつらいことです。しかし、死んでしまってから生きたかったと願う方が、もっともっと、つらいことなんですよ」

闇躍の術師に乗っ取られた王と王国を奪還しなければならない。解放軍と王子、少女たちと豚たちは、メステリアの内蔵とも言えるもうひとつの世界があるという北端の孤島、最果て島に向かう。闇躍の術師を打倒するためには、誰かがこの「深世界」に潜入しなければならない。

一冊の本を手に、見たこともないような数の星が散らばる世界の中を、南を目指して進む。そして、誰からも愛されなかった最強の王の最期。副題をつけるなら「豚世界ピクニック」かしら。恐怖や狂気とはまた別のアプローチで、もうひとつの世界がある、ということを描いていた。

豚と美少女のファンタジーと言いつつも、伏線と謎を効かせたミステリ的な描き方はシリーズに共通している。作者自身があとがきで書いている通り、振り幅の大きさが、シリーズを作るにあたって良い方向で効いているのだと思う。おそらく未読の方が想像するより、ずっと骨太なファンタジーになっているはず。今回も良かったです。

紺野天龍 『錬金術師の密室』 (ハヤカワ文庫JA)

「――まあ、いい。無知蒙昧なきみに、特別に教えてやろう」

そう言って、男装の麗人たる錬金術師は握手を解き、胸元に手を添えて朗々と告げる。

「私は、テレサ・パラケルスス。真名をテレサフラストゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム。至高にして極限にして神域の錬金術師である!」

蒸気機関と錬金術によって発展を遂げた世界。アスタルト王国軍務省の新人、エミリア・シュヴァルツデルフィーネは、錬金術対策室室長の錬金術師、テレサ・パラケルススとともに水上蒸気都市トリスメギストスへ赴く。大企業メルクリウスに所属する錬金術師フェルディナント三世が、第四神秘である《魂》の解明を成し遂げたというのだ。だがその神秘後悔式の前夜、フェルディナント三世の死体が密室で発見される。

トリスメギストスに見立てられた三重の密室で、世界に七人しかいない錬金術師の死体が見つかる。錬金術が織りなすファンタジー×ミステリ。あるいは、錬金術のお約束×密室殺人事件のお約束。それっぽい固有名詞を、やりすぎなくらい詰め込んだ錬金術描写は、キャラクターを強めに出したライトな筆致と相性がいい。エンターテインメントとしてきれいにまとまっていたと思います。