読書

周藤蓮 『バイオスフィア不動産』 (ハヤカワ文庫JA)

バイオスフィア不動産 (ハヤカワ文庫JA)作者:周藤 蓮早川書房Amazon 比喩として『世界はバイオスフィアIII型建築に覆い尽くされた』ということはあっても、実際、厳密にそうであるわけではない。地表を見渡せば様々な建築物が残され、致命的な環境破壊を免れ…

ひたき 『ミミクリー・ガールズII』 (電撃文庫)

ミミクリー・ガールズII (電撃文庫)作者:ひたきKADOKAWAAmazon 「あん? チルドレンってのはカルテルが各国をコントロールするために置いたんじゃねぇのか? カルテルの利益が優先だろ。まさか自分の国に入れ込んじまったのか?」「私はッ! 極東連邦を導く…

東崎惟子 『竜の姫ブリュンヒルド』 (電源文庫)

竜の姫ブリュンヒルド 竜殺しのブリュンヒルド (電撃文庫)作者:東崎 惟子KADOKAWAAmazon 『ありがとうございます……』ブリュンヒルドは涙を流した。竜はそれを感謝の涙と理解して微笑んだが、違う。悔し涙だった。 邪竜の侵略に脅かされ、神竜の庇護の下にあ…

てにをは 『また殺されてしまったのですね、探偵様 4』 (MF文庫J)

また殺されてしまったのですね、探偵様4【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:てにをはKADOKAWAAmazon 「機械と人間――愛する者同士が現世で結ばれないことに絶望して心中した。それならそれでもいい。心中するのにここまでバラバラにする必要があるかな? 色気も…

さがら総 『恋と呪いとセカイを滅ぼす怪獣の話』 (MF文庫J)

恋と呪いとセカイを滅ぼす怪獣の話【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:さがら総KADOKAWAAmazon たとえば一人称で語られる物語世界において、主観視点にはおよそ根拠がない。すべての地の文は疑ってかかる必要があるのだと、少女は言う。 十数年前、太平洋の海に…

長谷敏司 『プロトコル・オブ・ヒューマニティ』 (早川書房)

プロトコル・オブ・ヒューマニティ作者:長谷 敏司早川書房Amazon ――われわれの頭蓋の中にあるものは、つまりは、ただの内蔵にすぎない。 交通事故で右脚を失ったコンテンポラリーダンサー、護堂恒明は、知人の紹介でAI制御の義足を身に着けることになる。絶…

駒居未鳥 『アマルガム・ハウンド2 捜査局刑事部特捜班』 (電撃文庫)

アマルガム・ハウンド2 捜査局刑事部特捜班 (電撃文庫)作者:駒居 未鳥KADOKAWAAmazon 「いい演技だったよ。お前、泣けるんだな」「それらしく見せるだけならね。化学式が短いものほど、体内で速く生成して放出できるの」一瞬、テオは理解が追いつかずに固ま…

鳩見すた 『アリクイのいんぼう 愛する人とチーズケーキとはんこう』 (メディアワークス文庫)

アリクイのいんぼう 愛する人とチーズケーキとはんこう (メディアワークス文庫)作者:鳩見 すたKADOKAWAAmazon このお店はモザイクガラスみたいだ。雑然としていて、きらきらもしている。まさしく不思議の国のようだけれど、一向に夢から覚める気配はない。 …

『ifの世界線 改変歴史SFアンソロジー』 (講談社タイガ)

ifの世界線 改変歴史SFアンソロジー (講談社タイガ)作者:石川宗生,小川一水,斜線堂有紀,伴名練,宮内悠介講談社Amazon しかし、それでもわたしは思ってしまうのだ。――世界初の炎上事件はなぜ起きたのか?――それは集団の狂気とでも呼ぶべきものだったのか…

ひたき 『ミミクリー・ガールズ』 (電撃文庫)

ミミクリー・ガールズ (電撃文庫)作者:ひたきKADOKAWAAmazon 「排泄の様な生理現象は人間性の担保でもありますから」「人間性の担保?」「脳と脊髄を取り出すバイオティック手術は、究極的には機械の体に繋げたり、人間離れした体に繋げたりする事も出来ます…

池田明季哉 『アオハルデビル』 (電撃文庫)

アオハルデビル (電撃文庫)作者:池田 明季哉KADOKAWAAmazon だとしたら。青春は罪なのだろうか。 ある日の夜。忘れたスマホを取りに学校に忍び込んだ在原有葉は、同級生の伊藤衣緒花が屋上で燃え上がる姿を目撃する。有葉を脅して強引に口止めする衣緒花は、…

駒居未鳥 『アマルガム・ハウンド 捜査局刑事部特捜班』 (電撃文庫)

アマルガム・ハウンド 捜査局刑事部特捜班 (電撃文庫)作者:駒居 未鳥KADOKAWAAmazon 「人格を設定されていないから余計に、あの子はあなたが自覚してないレベルの要求にまで、対応しようとするかもしれないの。あくまで例えばだけど、あなたが彼女を挑発して…

周藤蓮 『明日の罪人と無人島の教室2』 (電撃文庫)

明日の罪人と無人島の教室2 (電撃文庫)作者:周藤 蓮KADOKAWAAmazon 結局、疑問はそこに帰結する。「湯治、お前はどうして未来で人を殺す?」そして、僕はそれに答える言葉を持たない。 現実規程関数から導き出された「明日の罪人」たちを集めた鉄窓島プロジ…

『Genesis この光が落ちないように 創元日本SFアンソロジーV』 (東京創元社)

Genesis この光が落ちないように作者:宮澤 伊織ほか東京創元社Amazon八島游舷「天駆せよ法勝寺[長編版]序章 応信せよ尊勝寺」は、第9回創元SF短編賞受賞作の長編版のプロローグ、つまりタイトル通り。物理学ならぬ佛理学パンク。「天駆せよ」はあまり…

赤城大空 『淫魔追放2 ~変態ギフトを授かったせいで王都を追われるも、女の子と“仲良く”するだけで超絶レベルアップ~』 (ガガガ文庫)

淫魔追放 2~変態ギフトを授かったせいで王都を追われるも、女の子と”仲良く”するだけで超絶レベルアップ~ (ガガガ文庫)作者:赤城大空小学館Amazon 「亀頭が、二本……!?」ロックタートルの巨大な身体から、二本目の頭が生えていた。……いや、形はそっくりだ…

両生類かえる 『海鳥東月の『でたらめ』な事情3』 (MF文庫J)

海鳥東月の『でたらめ』な事情3 (MF文庫J)作者:両生類 かえるKADOKAWAAmazon 「だって、加古川ですよ、加古川?」でたらめちゃんは鼻を鳴らして、「言っちゃ悪いですけど、加古川にご当地グルメが二個も三個もある筈ないじゃないですか。常識的に考えて」 …

夏海公司 『はじまりの町がはじまらない』 (ハヤカワ文庫JA)

はじまりの町がはじまらない (ハヤカワ文庫JA)作者:夏海 公司早川書房Amazon ――我々は〈はじまりの町〉という出し物を行う役者なんです。 MMORPG「アクトロギア」。サービス終了を約四ヶ月後に控えたある日、アクトロギアの〈はじまりの町〉の住人たちが、突…

吉野憂 『最強にウザい彼女の、明日から使えるマウント教室(レッスン)』 (ガガガ文庫)

最強にウザい彼女の、明日から使えるマウント教室 (ガガガ文庫)作者:吉野憂小学館Amazon ――何そんな熱くなっちゃってるの(笑) 日本有数の高校、私立鷺ノ宮学園にスカウトされた平凡な高校生、佐藤零はその入学初日、金髪の美少女から出会い頭にキスをされ…

二語十 『探偵はもう、死んでいる7』 (MF文庫J)

探偵はもう、死んでいる。7【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:二語十KADOKAWAAmazon 「ヒトは強大な悪と戦っている自分に陶酔する。たとえその悪に屈しようと、自分たちはよく戦ったのだと声高々に慰め合う。己の願いが叶わないのも、この世界そのものが敵な…

澱介エイド 『SICK ―私のための怪物―』 (ガガガ文庫)

SICK -私のための怪物- (ガガガ文庫)作者:澱介エイド小学館Amazon 「本当の恐怖に、振り切れた感情っていうものに、道理や美学なんて存在しないんだよ」 精神に寄生し、恐怖症を増幅させる概念生命体、フォビア。ひとの精神に潜入できる異能を持つ叶音…

枯野瑛 『砂の上の1DK』 (スニーカー文庫)

砂の上の1DK (角川スニーカー文庫)作者:枯野 瑛KADOKAWAAmazon 「……アルジャーノン」そいつは、頷いた。「私は、アルジャーノン」何度も、同じ言葉を繰り返している。相変わらず表情らしい表情は見えないが、どことなく嬉しそうにも見えた。 いわゆる産業ス…

深見真 『二世界物語 世界最強の暗殺者と現代の高校生が入れ替わったら』 (エンターブレイン)

二世界物語 世界最強の暗殺者と現代の高校生が入れ替わったら作者:深見 真KADOKAWAAmazon ――あれは最高の世界であり、最悪の世界だった。 アトランテラに住まう殺し屋、アベル・グランジ。現代日本の高校生、久住海斗。ある日、目が覚めると、ふたりは人格が…

立川浦々 『公務員、中田忍の悪徳4』 (ガガガ文庫)

公務員、中田忍の悪徳 4 (ガガガ文庫)作者:立川浦々小学館Amazon 「俺たちは認めねばならない。この世界には他人の足を引っ張り、誰かの嫌がるさまを喜びとし、私利私欲を満たすことに執着する人間が、確かに存在すると。俺たちはその存在すらも受け入れ、…

人間六度 『永遠のあなたと、死ぬ私の10の掟』 (メディアワークス文庫)

永遠のあなたと、死ぬ私の10の掟 (メディアワークス文庫)作者:人間 六度KADOKAWAAmazon あなたの体は決して老いることはない。でもあなたの心は、一緒に老いることができる。 平成の終わりごろ。大学生の真昼は、床無霧人という青年と出会い、あっという間に…

町屋良平 『坂下あたると、しじょうの宇宙』 (集英社)

坂下あたると、しじょうの宇宙作者:町屋 良平集英社Amazon おれの詩は異物か? おれのポエジーは不純?お前の混じりっけのない沈黙に比べたら、不純なんだろうな。だったらおれは、おれのやりかたで純粋に詩になってやる。お前がいま、文学になっているのな…

蒼井祐人 『エンド・オブ・アルカディア2』 (電撃文庫)

エンド・オブ・アルカディア2 (電撃文庫)作者:蒼井 祐人KADOKAWAAmazon 「……死ねないのに、どうして戦えるの? 何のために戦っているの? それって命よりも大切なことなの?」 《アルカディア》の破壊から二ヶ月。軍産複合企業テレサから逃れた秋人とフィリ…

ヰ坂暁 『舌の上の君』 (集英社)

舌の上の君 (ジャンプジェイブックスDIGITAL)作者:ヰ坂暁,しおん集英社Amazon 異世界はいつまでも異世界ではないのかもしれない。別な世界から放りこまれた俺もその内側に取りこまれ、いつしか順応していく。異郷の空気や水、食い物の味に慣れるように。俺が…

八目迷 『琥珀の秋、0秒の旅』 (ガガガ文庫)

琥珀の秋、0秒の旅 (ガガガ文庫 ガは 7-5)作者:八目 迷小学館Amazon 「弱者の共感では、強者の正論に勝つことはできない。……けどな、カヤト」駅に着く。僕たちは足を止めて向かい合った。「強くならなきゃ生きていけないなら、それはこの世界が間違ってる。…

鶴城東 『衛くんと愛が重たい少女たち』 (ガガガ文庫)

衛くんと愛が重たい少女たち (ガガガ文庫)作者:鶴城東小学館Amazon なんならぼくが誰かに好意を向けることを、気持ち悪いとまで言ってくる。はっきり確認を取ったわけじゃないけど、凛は、ぼくから「性欲」の匂いがするのがとにかく嫌なんだろう。そんな凛に…

新八角 『チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日』 (電撃文庫)

チルドレン・オブ・リヴァイアサン 怪物が生まれた日 (電撃文庫)作者:新 八角KADOKAWAAmazon 「雪降りそう」姉が漏らしたその言葉通り、この時期に気仙沼で雪が降るのは珍しいことではなかった。そして、やはり姉の言葉通り、そんなクソ寒い日に、外に出るべ…