読書

畑リンタロウ 『汝、わが騎士として』 (電撃文庫)

汝、わが騎士として (電撃文庫)作者:畑 リンタロウKADOKAWAAmazon 「汝、主が下に忠義と忠誠を誓い、日の昇らぬ灰の時代の先まで共にあることを誓え。汝、主が下に正義と平和を誓い、大地が燃える黒霧の時代の終わりまで共にあると誓え。汝、我が盾となり希…

二語十 『探偵はもう、死んでいる。11』 (MF文庫J)

探偵はもう、死んでいる。11【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:二語十KADOKAWAAmazon 「そういうわけじゃないよ。彼の罪を庇うつもりも毛頭ない。でも、ここであたしたちが彼を殺すことは正義じゃない」渚は一歩も引かず、こう主張する。「正義って多分、こ…

てにをは 『また殺されてしまったのですね、探偵様 5』 (MF文庫J)

また殺されてしまったのですね、探偵様5【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:てにをはKADOKAWAAmazon 生きたままバッサリ首をちょん切られるなんてことはそう多くの人ができない経験だとは思うけれど、あれを言葉で表現するのはちょっと難しい。意外と痛みはな…

桂嶋エイダ 『ドスケベ催眠術師の子2』 (ガガガ文庫)

ドスケベ催眠術師の子 2 (ガガガ文庫)作者:桂嶋エイダ小学館Amazon 「――君は、いつまで自分をドスケベ催眠術師の子にするつもりだったの?」暗に問われる。いつまでしがらみにとらわれるのか、と。 ドスケベ催眠術師の子、佐治沙慈は学校で甕川水連と再開す…

立川浦々 『公務員、中田忍の悪徳8』 (ガガガ文庫)

公務員、中田忍の悪徳 8 (ガガガ文庫)作者:立川浦々小学館Amazon 「あんな子供、生むんじゃなかった……!!」 異世界エルフ・アリエルを救えず、最大の理解者だった一ノ瀬由奈とは断絶してしまった。決定的に間違えた中田忍は、新たな最後の協力者を巻き込み、…

カミツキレイニー 『魔女と猟犬5』 (ガガガ文庫)

魔女と猟犬 5 (ガガガ文庫)作者:カミツキレイニー小学館Amazon 「相容れるよ。同じ人間でしょ? 人間なら話し合おうよ」「人間だから話し合えないんだ。一体、何を見てきたのさ」 〈花咲く島国オズ〉。その島では、王家を名乗るエメラルド家と、それに反発…

江波光則 『ソリッドステート・オーバーライド』 (ガガガ文庫)

ソリッドステート・オーバーライド (ガガガ文庫)作者:江波光則小学館Amazon 革命は終わり革命は続く。無限に彼らは思考し推論し無限の答えを吐き出していく。終わらない思考を繰り返す。だから、彼らは、思考金属(シンク・メタル)なのだ。 いくらか未来のこ…

秀章 『純情ギャルと不器用マッチョの恋は焦れったい』 (ガガガ文庫)

純情ギャルと不器用マッチョの恋は焦れったい (ガガガ文庫)作者:秀章小学館Amazon 明るくて、優しくて、力強い……そんな屈託のない笑顔。それを目の当たりにした瞬間、犬浦が言うところの『これ好き!』が、俺の中に湧き上がった。そして、その感情を『恋』と…

赤城大空 『【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう2 けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホ程バズって伝説になってますわ!?』 (ガガガ文庫)

【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう 2~けど相手が若手最強の迷惑系配信者だったらしくアホ程バズって伝説になってますわ!?~ (ガガガ文庫)作者:赤城大空小学館Amazon 「ですわ! ですわ!」トンテンカ…

及川輝新 『俺の背徳メシをおねだりせずにはいられない、お隣のトップアイドルさま2』 (MF文庫J)

俺の背徳メシをおねだりせずにいられない、お隣のトップアイドルさま2 (MF文庫J)作者:及川 輝新KADOKAWAAmazon 鈴文はいつも、何気ない日常の喜びを教えてくれる。食べること、遊ぶこと、放課後に寄り道すること、お出かけすること。あと、恋をすること。 お…

駿馬京 『あんたで日常(せかい)を彩りたい』 (電撃文庫)

あんたで日常(せかい)を彩りたい (電撃文庫)作者:駿馬 京KADOKAWAAmazon 芸術は本来、人間にとって不要なものだと思う。音楽を聴いても腹は満たされないし、本を読んでもいずれ眠気はやってくるし、絵を眺めなくても人は死なない。それでも無形文化として…

東崎惟子 『少女星間漂流記』 (電撃文庫)

少女星間漂流記 (電撃文庫)作者:東崎 惟子KADOKAWAAmazon 「私達は人間で、地球人だ。獣とは違う」本能的な暴力衝動に支配されたりはしないと信じている。「いいえ、人間で、地球人だから、獣なんです」 環境汚染でヒトの住めなくなった地球を離れ、馬車を模…

那西崇那 『蒼剣の歪み断ち』 (電撃文庫)

蒼剣の歪み絶ち (電撃文庫)作者:那西 崇那KADOKAWAAmazon 「全ては……決められています。今から五時間後に、私は……あなたに殺されて死ぬ。……そう決められています」 この世界の歪みを内包した超常の物体、《歪理物》(ヴァニット)。「生きたい」と《魔剣》に願…

悠木りん 『星美くんのプロデュースvol.3 女装男子でも可愛くなっていいですか?』 (ガガガ文庫)

星美くんのプロデュース vol.3 ~女装男子でも可愛くなっていいですか?~ (ガガガ文庫)作者:悠木りん小学館Amazon 目を閉じた僕の顔の上、スポンジが柔らかく肌を叩き、ブラシが頬を撫でる。ビューラーが睫毛を挟む度にカシャカシャと、小気味のいい音…

逆井卓馬 『豚のレバーは加熱しろ(n回目)』 (電撃文庫)

豚のレバーは加熱しろ(n回目) (電撃文庫)作者:逆井 卓馬KADOKAWAAmazon それはまるで、大好きで何度も繰り返し読んでいた本の中から、ずっと一緒に冒険をしてきた少女が飛び出してきたような感覚だった。結局俺には、あの思い出を本の中に物語として押し…

田中空 『未来経過観測員』 (KADOKAWA)

未来経過観測員 (角川書店単行本)作者:田中 空KADOKAWAAmazon 「何も感じなくなるから……辛くないってこと?」「まぁ、そうですね……ただ……」ロエイは少し言いよどんだ。「スイッチを復帰させた時に、まとめてやって来ますけどね」ロエイの声は寂しそうに笑っ…

滝浪酒利 『マスカレード・コンフィデンス 2 詐欺師は少女と仮面仕掛けの旅をする』 (MF文庫J)

マスカレード・コンフィデンス2 詐欺師は少女と仮面仕掛けの旅をする【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:滝浪 酒利KADOKAWAAmazon 蒸気帝国、流空剣術近衛派(ウォルカルシャ)、伝承の奥義。水が熱されて煙になる様に、人でありながら別の次元へ至る剣。この世…

藍内友紀 『天使と石ころ』 (早川書房)

天使と石ころ作者:藍内 友紀早川書房Amazon 「どうして僕らだけ……」自分の声が聞こえてから、呻いたことを自覚した。「どうして子供(僕ら)だけが、こんなふうに扱われるんだろう」 アフリカ大陸、リベリアとシエラレオネの国境付近。七歳の少年、カラマは、…

fudaraku 『竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る』 (メディアワークス文庫)

竜胆の乙女 わたしの中で永久に光る (メディアワークス文庫)作者:fudarakuKADOKAWAAmazon 「いいですか、間もなくおかとときがこの屋敷にやって来ます。この先どんなことが起きても、絶対に声をあげてはいけません。おかとときの興を殺ぐことだけは絶対にし…

零余子 『夏目漱石ファンタジア』 (ファンタジア文庫)

夏目漱石ファンタジア (富士見ファンタジア文庫)作者:零余子KADOKAWAAmazon ここで、ある作家は考えた。――自由を侵害する暴力を止めるには、それ以上に苛烈な暴力で挑むより方途なし。作家の名は夏目金之助という。 西暦1906年。政府の言論弾圧や社会主義者…

屋久ユウキ 『弱キャラ友崎くん Lv.11』 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.11 (ガガガ文庫)作者:屋久ユウキ小学館Amazon 「もしかしたら……正しく生きることなんて、なんの意味もなかったのかなぁ」世界を呪うような言葉は、濡れた肉の塊がびたんと床に張り付くように、醜く落ちた。 大阪旅行は思いがけない…

二月公 『声優ラジオのウラオモテ #09 夕陽とやすみは楽しみたい?』 (電撃文庫)

声優ラジオのウラオモテ #09 夕陽とやすみは楽しみたい? (電撃文庫)作者:二月 公KADOKAWAAmazon 暗い空を眺めながら、千佳はぽつりと呟いた。「わたしはきっと、普通の人が思い描くような青春は送ってこなかった。だから気持ちがわからなかったけど。でも、…

紙城境介 『継母の連れ子が元カノだった11 どうせあなたはわからない』 (スニーカー文庫)

継母の連れ子が元カノだった11 どうせあなたはわからない (角川スニーカー文庫)作者:紙城 境介KADOKAWAAmazon 「それでも、言わないよりはマシなの。心を伝えるには言葉はあまりに不便だけど……それでも言葉を使うことしか、私にはできないから」感じることが…

凪 『人類すべて俺の敵』 (スニーカー文庫)

人類すべて俺の敵 (角川スニーカー文庫)作者:凪KADOKAWAAmazon けれど、この聖戦にご都合主義は持ち込めない、皆が幸せになっての大団円はありえない。一人の少女が死ぬか、六十億人を超える人類が死ぬか、用意されて未来はそれだけだ。 魂が抜けたかのよう…

夢見夕利 『魔女に首輪は付けられない』 (電撃文庫)

魔女に首輪は付けられない (電撃文庫)作者:夢見 夕利KADOKAWAAmazon 「法律ねえ、たしかに大切だ。でもねローグ君」と、魔女が人差し指を左右に振り、笑いながら言う。「私がそれを守る必要はどこにもないんだよ。魔女だからね」 かつて貴族が独占していた〈…

松村涼哉 『ただ、それだけでよかったんです【完全版】』 (メディアワークス文庫)

ただ、それだけでよかったんです【完全版】 (メディアワークス文庫)作者:松村 涼哉KADOKAWAAmazon 『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』それが昌也の遺書だった。十二月の急激に冷えた朝、昌也はそれだけを残して自宅で首を吊った。十四歳…

十利ハレ 『君を食べさせて?私を殺していいから』 (スニーカー文庫)

君を食べさせて?私を殺していいから (角川スニーカー文庫)作者:十利 ハレKADOKAWAAmazon 思春期の恋心ほど、陳腐なものは他にないだろう。でも、一瞬でも何かに狂える人生なら、それは価値のあるモノだと思うのだ。 誰にも打ち明けられない原因不明の殺人衝…

優汰 『この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~』 (スニーカー文庫)

この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:優汰KADOKAWAAmazon 俺の中で、一気に白姫という人間の解像度が上がった。ふと漏らすような態度からなんとか掠め取って察するしかできなかっ…

夏海公司 『セピア×セパレート 復活停止』 (電撃文庫)

セピア×セパレート 復活停止 (電撃文庫)作者:夏海 公司KADOKAWAAmazon 「気になること? うん、まぁそうだな。今の君の状況を鑑みると、大した話じゃないかもしれないけど」振り向きながら、コンソールをさらしてくる。「この子、人間じゃないぞ」 記憶のク…

饗庭淵 『対怪異アンドロイド開発研究室』 (角川書店)

対怪異アンドロイド開発研究室 (角川書店単行本)作者:饗庭淵KADOKAWAAmazon 「では、怪異とはどういうものなのですか?」「知るか! それがわかりゃ苦労はしねえ。学者は決まって、その『わからない』に挑むのが科学だって意気込むがな。たとえ科学が怪異を…