赤城大空 『出会ってひと突きで絶頂除霊!7』 (ガガガ文庫)

出会ってひと突きで絶頂除霊! 7 (ガガガ文庫)作者:赤城大空発売日: 2020/09/18メディア: Kindle版 いつも必死に誰かを助けようとするその横顔を隣から窺い見るばかりで。そんな晴久を好ましいと思いつつ、自分は心のどこかで――嫉妬していたのだ。古屋君は…

川岸殴魚 『呪剣の姫のオーバーキル ~とっくにライフは零なのに~』 (ガガガ文庫)

呪剣の姫のオーバーキル: ~とっくにライフは零なのに~ (ガガガ文庫)作者:殴魚, 川岸発売日: 2020/09/18メディア: 文庫 窓の外からかすかに聞こえる断末魔。そして工房の中からは煮詰めたアンデッドの残骸。外も内も地獄の様相。負けず劣らずこの世の終わりの…

手代木正太郎 『むしめづる姫宮さん3』 (ガガガ文庫)

むしめづる姫宮さん (3) (ガガガ文庫 て 2-13)作者:手代木 正太郎発売日: 2020/09/18メディア: 文庫 「私は姫宮凪と約束がしたい」「なん……ですか?」私は、どこかぼんやりしていました。「四十年後、ここでふたりでハレー彗星を観る。そういう約束。ジャコ…

宮澤伊織 『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』 (ハヤカワ文庫JA)

裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ (ハヤカワ文庫JA)作者:宮澤 伊織発売日: 2018/11/20メディア: 文庫 老婆の姿がぼやけて、まったく違うものがそこに現れる。互いにすがりつき、絡み合うようにして死んでいる猿のミイラ五体を芯として、無数の人間が蚊柱のよ…

石川博品 『あたらしくうつくしいことば』

あたらしくうつくしいことば作者:石川博品発売日: 2017/12/29メディア: Kindle版https://ncode.syosetu.com/n7108ea/ わたしたちの高校には教室と廊下をへだてる壁がない。ないのは必要ないからだ。光だとか視線だとか、まっすぐなのがわたしたちで、この世…

木下古栗 『サピエンス前戯 長編小説集』 (河出書房新社)

サピエンス前戯 長編小説集作者:木下古栗発売日: 2020/08/26メディア: 単行本 異性愛者なのに、じかに同性のオナニーを鑑賞したことがある人は挙手してほしい。実を言うと僕もその類に当てはまり、今まさにこの文章を書きながら、心の手をまっすぐにぴんと挙…

ツカサ 『明日の世界で星は煌めく2』 (ガガガ文庫)

明日の世界で星は煌めく (2) (ガガガ文庫)作者:ツカサ発売日: 2020/08/20メディア: 文庫 『さようなら、彼が愛した憎らしい人。妹と仲良くしてくれてありがとう』その言葉は私の疑問に対する答え。そして私の命を散らす宣告。 怪物「屍人」の襲来により終わ…

紙城境介 『継母の連れ子が元カノだった5 あなたはこの世にただ一人』 (スニーカー文庫)

継母の連れ子が元カノだった5 ドラマCD付き特装版 (角川スニーカー文庫)作者:紙城 境介発売日: 2020/09/01メディア: 文庫 ――僕は、東頭いさなを信じている。これは恋愛ではなく、信仰だ。 告白されて、フッて、それでも友達として同じ距離を保っていた伊理戸…

赤月カケヤ 『異世界はジョーカーに微笑んだ。』 (MF文庫J)

異世界はジョーカーに微笑んだ。 (MF文庫J)作者:赤月 カケヤ発売日: 2020/08/25メディア: Kindle版 初めて人を殺したのは、八歳のときだった。相手は母の再婚相手、つまりは義理の父だ。 法で裁かれない人間を次々と殺し、世間から「正義の殺し屋」、「現代…

柴田勝家 『アメリカン・ブッダ』 (ハヤカワ文庫JA)

アメリカン・ブッダ (ハヤカワ文庫JA)作者:柴田 勝家発売日: 2020/08/20メディア: Kindle版 ジョン・ヌスレは自分の職業に誇りを持っていた。空港で働く検疫官だった。感染症を国内に持ち込ませないという、崇高な使命を持った仕事である。ただし動植物や食…

斜線堂有紀 『楽園とは探偵の不在なり』 (早川書房)

楽園とは探偵の不在なり作者:斜線堂 有紀発売日: 2020/08/20メディア: Kindle版 顔の削れた天使たちが灰色の空を飛んでいく。天使は雨が降る前の空を飛ぶのが好きらしく、天使が二、三体も群れて意気揚々と飛んでいくのを見た後は必ずと言っていいほど雨が降…

池田明季哉 『オーバーライト ――ブリストルのゴースト』 (電撃文庫)

オーバーライト ――ブリストルのゴースト (電撃文庫)作者:池田 明季哉発売日: 2020/04/10メディア: 文庫 今、この瞬間、大きな流れを覆そうと、革命を起こそうと、ひとつになっている。互いに競い合ってきたアーティストたちが、ひとつの作品を作り上げようと…

持田冥介 『僕たちにデスゲームが必要な理由』 (メディアワークス文庫)

僕たちにデスゲームが必要な理由 (メディアワークス文庫)作者:持田 冥介発売日: 2020/07/18メディア: Kindle版 ――禁止事項の増える檻のような公園がある。何かを言えば、すぐに揚げ足を取られる。言葉の一部を抜き出されて曲解され、簡単に炎上する。人と喋…

逆井卓馬 『豚のレバーは加熱しろ(2回目)』 (電撃文庫)

豚のレバーは加熱しろ(2回目) (電撃文庫)作者:逆井 卓馬発売日: 2020/08/07メディア: Kindle版 私たちが豚である理由を考えましょう。それが、私たちがメステリアへ来た理由であり、私たちの存在価値であり、私たちの使命なのです―― 転生の法則を見出し、…

藻野多摩夫 『さいはての終末ガールズパッカー』 (電撃文庫)

さいはての終末ガールズパッカー (電撃文庫)作者:藻野 多摩夫発売日: 2020/08/07メディア: Kindle版 「自動人形(オートマタ)に寿命が近付いた時、記憶デバイスがリスク低減のために補助用メモリーへと蓄積データをバックアップするようになる。その時、自動…

九岡望 『地獄に祈れ。天に堕ちろ。2 東凶聖餐』 (電撃文庫)

地獄に祈れ。天に堕ちろ。2 東凶聖餐 (電撃文庫)作者:九岡 望発売日: 2020/07/10メディア: Kindle版 ――そんなに開いて欲しければ、開いてやる。ミソギはそのまま、燃える錠眼を開いた。頭の芯に疼痛、先鋭化する意識、鼻先に感じるこの世ならぬ風の匂い。眼…

石崎とも 『せかいは今日も冬眠中!』 (電撃文庫)

せかいは今日も冬眠中! (電撃文庫)作者:石崎 とも発売日: 2020/08/07メディア: Kindle版 暖房の効いた建物から一歩外に出ると、比較的暖かいはずの町の中であってもとても寒い。今は特に寒い季節だけれど、それにしてもこの寒さは異常だ。去年よりも確実に…

鶴城東 『クラスメイトが使い魔になりまして3』 (ガガガ文庫)

クラスメイトが使い魔になりまして (3) (ガガガ文庫 か 13-3)作者:鶴城 東発売日: 2020/04/17メディア: 文庫 見れば、画面には幼い俺が映し出されている。十歳前後だろうか……その傍には、同年代らしき二人の少女もいた。日本人形のような少女と、眉が太いポ…

赤城大空 『僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場』 (ガガガ文庫)

僕を成り上がらせようとする最強女師匠たちが育成方針を巡って修羅場 (ガガガ文庫)作者:赤城大空発売日: 2020/07/17メディア: Kindle版 「私たちがいま君に行っているのは、選別ではなく育成なのだ。無駄に厳しくする必要などなにひとつない。君を伸ばすため…

初鹿野創 『現実でラブコメできないとだれが決めた?』 (ガガガ文庫)

現実でラブコメできないとだれが決めた? (ガガガ文庫)作者:初鹿野創発売日: 2020/07/17メディア: Kindle版 「……と、まぁ。理想郷には手が届く、だから手を伸ばす。言っちまえば本当にそれだけだ」 誰よりもラブコメを愛する男、長坂耕平。「現実をラブコメ…

屋久ユウキ 『弱キャラ友崎くん Lv.8.5』 (ガガガ文庫)

弱キャラ友崎くん Lv.8.5 (ガガガ文庫)作者:屋久ユウキ発売日: 2020/04/17メディア: Kindle版 ただ、一つだけわかってること。それはこの冬休み、私はなんだかモヤモヤして過ごすんだろうってことと、私は今度こそ本当に欲しかったものを手放してしま…

旭蓑雄 『はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。④ ……だいすき。』 (電撃文庫)

はじらいサキュバスがドヤ顔かわいい。(4) ……だいすき。 (電撃文庫)作者:旭 蓑雄発売日: 2020/07/10メディア: Kindle版 「その際、幼いサキュバスたちの通う学校で特別授業を行うことになりましてね。新設された『対面搾欲苦手科』の子どもたちに」「ちょ…

さがら総 『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 7時間目』 (MF文庫J)

教え子に脅迫されるのは犯罪ですか? 7時間目【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:さがら総発売日: 2020/07/20メディア: Kindle版 今回の話は、才能にまつわる話ではない。才能よりも、なお根源的な。人の価値と存在意義の話をしようと思う。 塾講師としての経験…

零真似 『君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る』 (ガガガ文庫)

君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る (ガガガ文庫)作者:零真似発売日: 2020/07/17メディア: Kindle版 スクーターに乗って。ファイを後ろに乗せて。ときどきはしゃぎすぎる彼女に慌てながら。なにもない世界を。どこまでも。どこまでも。一緒に、…

悠木りん 『このぬくもりを君と呼ぶんだ』 (ガガガ文庫)

このぬくもりを君と呼ぶんだ (ガガガ文庫)作者:悠木りん発売日: 2020/07/17メディア: Kindle版 体の横に垂らしていた左手の甲がこつん、とトーカの右手の甲に触れた。この温もりは、きっとリアルなのかもしれない。だって確かに隣にあって、この手で触れるこ…

大泉貴 『ダンジョン・ザ・ステーション2』 (LINE文庫エッジ)

ダンジョン・ザ・ステーション2 (LINE文庫エッジ)作者:大泉貴発売日: 2020/03/05メディア: 文庫 「僕はね、ここは戦場だと思っているんだ」「……戦場?」「そうとも。我々の世界と、異世界とが争う、戦争だよ」 新宿駅の第五層に棲むという最強最悪の怪物、〈…

杜奏みやび 『女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。』 (電撃文庫)

女子高生同士がまた恋に落ちるかもしれない話。 (電撃文庫)作者:杜奏 みなや発売日: 2020/07/10メディア: Kindle版 目が合った瞬間、また、昨日のことを思い出していた。418号室の中、挨拶をしようと佑月に声をかけて、そこで目が合った瞬間のこと。まるで“…

酉島伝法 『オクトローグ 酉島伝法作品集成』 (早川書房)

オクトローグ 酉島伝法作品集成作者:酉島 伝法発売日: 2020/07/02メディア: Kindle版 わたしたち幽霊は、月面の広大なクレーターの中央丘に寄り集まっていた。その数は二千名ばかり。頭上でゆっくりと回転している翠緑色の地球に、これから飛び降りようとい…

二語十 『探偵はもう、死んでいる。3』 (MF文庫J)

探偵はもう、死んでいる。3【電子特典付き】 (MF文庫J)作者:二語十発売日: 2020/06/25メディア: Kindle版 探偵はもう、死んでいる?――違う。これは俺が再び探偵を取り戻すまでの、長い長い、目も眩むような物語だ。 名探偵の死。その真相を知らされた君塚君…

伊崎喬助 『董白伝 ~魔王令嬢から始める三国志~2』 (ガガガ文庫)

董白伝~魔王令嬢から始める三国志~ 2 (ガガガ文庫)作者:伊崎喬助発売日: 2020/06/18メディア: Kindle版 「では、そなたの申す義とは何によるものか」「民。民なくして国家なく、民なくして政もなく、民なくして義は立たず。我は民より義を受け生まれ、義…