赤野工作 『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム』 (角川書店)

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム

今となっては真相は分かりませんが、一つ確かに推測出来ることはあります。老いている暇が無いほど熱中したゲームが、かつてそこにあった。いかなる方法を使用してでも、自分が老いていることを忘れて、勝ちたくなるようなゲームがあった。

幸せな事じゃありませんか。何かに熱中して寿命を削るという事は。

残りの寿命を数えながら遊ぶゲームなんて、味気がなくなってしまいますからね。

「世界のあらゆる低評価なゲームをレビューしていく」をコンセプトに,2115年4月に開設したレトロゲームレビューサイト,「The video game with no name」のアーカイブ.という体の,架空のレトロゲーム(といっても発売は2020年~2080年代)小説.レビューサイトだけあって,いかにもWebサイトのような文体で,なぜこのゲームが生まれ,失敗したのかを読者に向けて語ってゆく.レトロゲームに対する愛情と皮肉と哀愁がバランスよく織り込まれたテキストは読みやすく,引き込まれる.

レビューを名乗ってはいるものの,言及されるのはゲームの内容にはとどまらない.VR,AR,位置ゲーム,ソーシャルゲームといったいかにもゲームらしい技術の解説から,AI,アンドロイド,BMI,ナノマシン,サイバネティクスなど現代~近未来の技術がどのようにゲームに取り入れられたか.そして,軍事や宇宙開発,国際紛争など,ゲームと社会が互いに及ぼしあった影響.さらには,ゲームの楽しさとはいったい何なのかという哲学的な話題.

レビューを読んでいくうちに,多方向から未来社会の歴史が形作られ,それ以上に語り手であるゲーマーの姿が立体的に浮かび上がってくる.見えてくるのは,ゲームを愛し,ゲームしかなかったひとりの男の孤独な人生.面白くてたまらないのに,語り手の姿が明らかになる後半からは読み進めるのがつらくてつらくて仕方なかった.テーマ的にひとを選ぶ部分もあるのかなと思うのだけど,数年に一度の大傑作だと思います.カクヨムで読めるので,ゲーム好きもハードSFファンも,試しに読んでみるのがいいと思う.

木村航 『パラプラ学園』 (スニーカー文庫)

パラプラ学園 (角川スニーカー文庫)

パラプラ学園 (角川スニーカー文庫)

この〈森〉にいるのはみんなかつて人間だったものたちだ。今は植物だ。一定の時期が来るとパラプラは、共生者の肉体を乗っ取って植物体と化し、定着生活を送るサイクルへと移行する。これを「根下ろし」と呼ぶ。おおむね更年期を迎えると発症する、現生人類の宿痾だ。治療法はない。むろんパラプラと共生せず生きるなら話は別だが、その場合は健康とは縁遠い一生になるだろう。そう長くはあるまいが。

Amazon CAPTCHA

共生植物であるパラプラによって人類は滅亡を免れた.それからいくつか世代を重ねた現在.自立ユマニテ学園では,今日も今日とて植物と共生する中学生たちの学園生活が送られていた.

ちょっと変わったところのある学園日常連作短編.かと思いきやの,ポストアポカリプスで,ポストヒューマンもの.大きく変わってしまった世界の有様と,それが日常になったことをちょっとずつにおわせながら,最後まで日常ものの体はそのまま維持される.

タイトル通りのことをやる「牛を剥く」や,共生の行く末を描いた「墓参り」といった陽気なホラー風味のある章が個人的には特に良かった.全体的には良い意味で初心者向け,だけど決して手を抜かないポストアポカリプス,かつポストヒューマンだと思う.安直だけど「人類は衰退しました」の不穏さが好きなら読んでみるといい,それぞれの共通点とか違うところとかを考えてみるといい.楽しゅうございました.

志倉千代丸 『Occultic;Nine③ -オカルティック・ナイン-』 (オーバーラップ文庫)

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

Occultic;Nine3 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

なにもない。

彼らはただ静かに、機械的に、自ら池に身を投げて死んでいったのだ。

死ぬ理由もなにも、そこにはなかった。

Amazon CAPTCHA

井の頭公園の池から256人の自殺者が見つかった,通称ニゴロ事件.ニュースで発表された死亡者リストの中に,悠太は自分の名前を見つけてしまう.何かの間違いに違いないと笑い飛ばす悠太だったが,その中にキリキリバサラのメンバーの名前を次々と見つけてしまう.

主要な登場人物は全員死んでしまいました.ということをひたすらネチネチ書いている,シリーズ第三巻.回りくどいテキストの密度に比べて,明かされる情報の密度はあきらかに薄いのだけど,わりとさくさく楽しく読んでしまう.いかにもテキストゲーム風のテキストは,好かないひとはとことん好かない気がするけど.

コトリバコにサイコメトラー,自分の死体との対面と,オカルトネタと陰謀論を詰め込めるだけ詰め込んだ,行方の見えない物語はとにかく楽しいの一言.名前を借りるだけでなく,ちゃんとオカルトを描いた作品はだいたいハズレがないと思うのよね.どういう風になるのかさっぱり想像がつかない.楽しみにしております.

小川一水 『天冥の標IX ヒトであるヒトとないヒトと PART2』 (ハヤカワ文庫JA)

「あの子は……祈るようになってしまった。冥王斑の私たちが救われるように……冥王斑であればあるほど救われるようにって。子供のころから祈ることですべてを力に変えてきた。祈ることで、どんな苦難も受けとめられるようになった。だから――」

それだけは口にしたくなかったが、もう。

「あの子は、もう引き返せない」

Amazon CAPTCHA

シリーズ第9巻完結篇.シリーズの完結に向けて粛々と,ある意味淡々と進んでいくのだけど,それだけで面白い.というか,数百年・数千年・数万年以上に渡るそれぞれの因縁が,ひとつの形をつくろうとしているんだから面白いに決まっている.ページ数全体の一割近くを占めるようになった,巻末の年表と人物・用語集を見てふふ……と思ったことだ.来年の完結を楽しみにしております.

渡航(Speakeasy) 『クオリディア・コード 2』 (ダッシュエックス文庫)

クオリディア・コード 2 (ダッシュエックス文庫)

クオリディア・コード 2 (ダッシュエックス文庫)

私はヒメのために戦う。ヒメが思うことを為し。ヒメが望むことを成す。

私がするのはそれだけだ。

しかし世界よ、人類よ。

その過程で、容易く、何気なく、貴様等を救ってやろう。

泣いて噎んで感謝しろ。私が剣を捧げる相手が、天河舞姫であったことを。



如何な権謀術数が蠢いていようと関係ない。

私にとってこれは、そういう単純な話なんだ。

Amazon CAPTCHA

〈アンノウン〉の襲撃によってカナリアを失い,東京は絶望に沈んでいた.舞姫は臨時に東京のリーダーに就任する.そのころ,ほたるは〈アンノウン〉急襲の原因を探して,進入不可領域に踏み入っていた.

この世界にはどうやら隠された真実があるらしい.TVアニメ『クオリディア・コード』のノベライズ第二巻.アニメを見ていないのだけど,主要人物がこれほど死ぬ話だと思わなかったし,子供たちが躊躇なく引き金を引く話だとも思わなかった.世界に関する描写がどこかホラーじみているというか,クトゥルフ的というか.容赦の無さと世界の本当の姿の探求という,個人的に好きなところががっつり見えてきて,一巻よりもずっと楽しく読んでしまった.次も楽しみにしてます.