遍柳一 『ハル遠カラジ4』 (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ 4 (ガガガ文庫)

ハル遠カラジ 4 (ガガガ文庫)

  • 作者:遍柳一
  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: Kindle版

また自分は、あの夏の、イスラエルでの記憶の中にいる。

どうやって、ここまで辿り着いたのかは覚えていない。

けれど、私はこの場所で、とても大切な人を捜していた。

ライドーとともに消えたハルの行方を追って、テスタたちは極東のウラジオストクに到達した。そこでは、生き残った人々が地下居住区に隠れ、貧困に喘ぎながら生活していた。娘の行方を探すため、重症化の傾向を見せるAIMDを気にしながら、Atheistの人工知能と対話をするテスタ。その再会は思いがけない形で訪れる。

十年以上にもわたり、この子とともに過ごしてきた。

この子の成長を、この子がひとりの大人になっていく姿を、私は誰よりも一番近くで見ることを許されてきた。

「私の幸福は、すでに叶えられました」

―――だからもう、私は、大丈夫。

「次はこの子が、自らの幸福を掴む番ですから」

ほぼ滅びかけた世界。イスラエルの元軍用ロボットと、言葉を知らなかった少女の物語、最終巻。人工知能が共有すべき「全」の思想、言語知性を与えられなかった「最初にして、唯一の人間」、無限相関、無限深層学習、完全情報物質、「悪魔の論文」。多重知能理論、日本国憲法、火星、善と悪。ハッタリと大風呂敷をこれでもかと広げながら、ロボットの母と人間の娘の「母と娘の物語」を高らかに歌い上げる。

人とAIの関係、人とクローンの関係を描くきっかけになる、人工知能同士の対話のシーンは本当に良かった。娘にベタ甘だった母が、娘を失ってその愛情を言葉にしてゆく、それだけで物語が生まれる。しみじみと良いポストアポカリプスSFであり、母娘の物語だったと思います。お疲れさまでした。



kanadai.hatenablog.jp

手水鉢直樹 『魔力を統べる、破壊の王と全能少女2 ~魔術を扱えないハズレ特性の俺は無刀流で無双する~』 (電撃文庫)

「砂埃にまみれたあなたも美しい」

「ゲスが」

「ああ、あなたの声が心地いい。あなたの罵声すら、万億の男からの求愛に勝る。もっと聞かせて」

学園からの評価向上と金策のため、円四郎、メリル、美也の三人は生徒会の挺身奉仕活動(サクリファイス)に志願する。課せられたミッションは、爆弾魔の確保と、失踪した研究者たちの捜索のふたつ。

ふたりの能力者とひとりの無能力者、青春嫉妬爆発野郎(ボマー)こと爆弾魔を追うの巻。丁寧に描写しているのはわかるのだけれど、ギャグもシリアスもトーンが変わらないのが変な感じだし、如何せん文章が固すぎる。良くも悪くもデビュー作から変わっていないかなあ。

二月公 『声優ラジオのウラオモテ #03 夕陽とやすみは突き抜けたい?』 (電撃文庫)

あぁ。なんて、格好悪い。情けない。恥ずかしい。なんで。辛い。もうやだ。

弱音が溢れるように、涙がぽろぽろと流れ始める。

目をぎゅっと瞑っても、次から次へとこぼれ落ちていく。

枕営業疑惑や学校バレといった声優生命の危機をなんとか乗り切ったものの、新しい仕事になかなかありつけないやすみ。そんな折、ついにありついた仕事は、ベテラン監督の新作で、夕陽のライバル役だった。思いがけない抜擢に意気込むやすみだったが、監督やベテランの声優たちに圧倒され苦しみに苦しむ。

高校生声優がぶち当たった一流の壁。声優の才能と仕事の物語、第三巻。同級生、ライバル、仕事仲間、ファン、プロフェッショナル。ひとりひとりの関係に、様々な温度とベクトルが同居している。ただ優しいだけの関係は存在せず、簡単には馴れ合わない距離感がとても心地いい。基本的にこじれているという印象は変わらないけど、そこも含めて王道を感じる。巻を追うごとに良いものになっていると感じました。

周藤蓮 『吸血鬼に天国はない④』 (電撃文庫)

吸血鬼に天国はない(4) (電撃文庫)

吸血鬼に天国はない(4) (電撃文庫)

  • 作者:周藤 蓮
  • 発売日: 2020/11/10
  • メディア: Kindle版

「この恋心は永遠で、確かで、ずっと変わりません」

恐怖に何よりも似た甘やかさで囁きが届く。

「だからシーモアさん、私に任せて、楽になってくださいね」

それはすなわち、全人的な危機であった。

「死神」との諍いにも一段落し、世界も大きく変わろうとする時代。シーモアとルーミーのふたりにも新たな「日常」が訪れ、人々の認知によって、怪異の存在が世界に知られつつあった。そんなある日、シーモアを「パパ」と呼ぶ少女がとつぜん押しかけてくる。

終戦と、電話とラジオに象徴される情報化によって、人々の意識が急速に変化していく時代。そんな途上の時代だから起こりえた、恋の物語。今まで存在すらなかった怪異が、情報化の試行錯誤の中で顕在化して、堅固なものに強化されていく。リアリティラインの引き方が素敵だと思う。

怪物を愛した人間と、人間を愛した怪物がもたらした、美しくて理想的すぎるラストは、人類史上で最も平和な聖杯戦争の収め方、みたいな感じだった。ひとりひとりが出来ることをやった結果で世界は変わっていくし、特に何もしなくても世界は回っていく。それは人間も怪物も変わらない。なんというか、疑問を差し挟ませない純粋さが核にあるのを感じた。デビュー作から追いかけているけど、一貫して掴みどころのない作家だなあと思います。

岬鷺宮 『日和ちゃんのお願いは絶対2』 (電撃文庫)

日和ちゃんのお願いは絶対2 (電撃文庫)

日和ちゃんのお願いは絶対2 (電撃文庫)

  • 作者:岬 鷺宮
  • 発売日: 2020/11/10
  • メディア: Kindle版

「――そう。つまり、あなたたちは」

――女王陛下は。

銀色の巻毛と青い瞳が印象的なその老女は――。

資料PDFの表示されたiPadを受け取り、意外にも中流階級っぽい英語でわたしたちに言う。

「この国を――終わらせに来たのね」

あれから一ヶ月。深春と日和の恋は続いていた。深春の幼なじみ、卜部と連れ立って遊んだりと、尾道で過ごす初夏。その世界には、徐々に取り返しのつかない崩壊が迫りつつあった。

たったひとりの女の子のお願いを叶えるためだけに存在する、〈天命評議会〉。その強大すぎる存在にも関わらず、世界は本当に終わろうとしていた。2020年に始まった最新のセカイ系、第二巻。二巻でいったい何をするの、と思っていたら、なるほど、ブリグジットとQアノンをこういうふうに描くのか。前も少し書いたけど、エンターテイメントたるもの風刺と時事ネタをぶっこんでこそだと思っている。こういう姿勢は大好き。主人公がポピュリズムを気にするあたりで「セカイ系と令和の現在が接続された!」みたいな感慨があった。これこそ、今でなければ書けないだろうし読めない小説、なのだと思います。



kanadai.hatenablog.jp